めったに雪が降らない東京でも、毎年一度くらいは大雪が降る事があります。子供のころなら嬉しくて思わず外に飛び出していたでしょうが、大人はそうはいきません。

自宅の周りの雪だけでもどうにかしなくちゃ、とスコップをもって外にでたものの、どうしていいかわからない、なんて経験はありませんか?
雪かきは、意外に重労働ですし、雪かき中に滑って転んでしまうこともありますので注意が必要です。

今回は、雪の降らない地域、東京での雪かきの注意点とコツをご紹介します。

 

東京での雪かき 準備編

「雪が降った! 雪かきしなくちゃ!」と慌てて出ていくのは危険です。雪かきは意外に重労働ですので、しっかりと準備をしてから始めましょう。

服装
雪かきと聞くと、寒さ対策をばっちりした服装をしがちですが、
雪かきは重労働ですので、モコモコとたくさん着込むと、動きにくいですし、時間がたつごとに暑くなります。

動きやすいトレーナーにネックウォーマーなどの簡単に脱ぎ着のできるものを身に着けて、こまめに体温調節をするようにしましょう。
雪が降っている時に雪かきをするのなら、上着は雪風を通さないウィンドブレーカーのようなものがいいのですが、無ければ動きやすい上着の上にレインコートを着ると良いでしょう。

東京の雪は身体につくとすぐに溶けて水になってしまいます。防水対策はしっかりしましょう。

準備運動
東京の重たい雪は、雪かきをするにもかなり激しい運動量です。雪が積もったからと言って急に始めると、足腰を傷めることになりかねません。

雪かき前には、手、足、腰のストレッチをして充分に身体をほぐしてから始めるようにしましょう。

 

東京での雪かき

準備ができたら、スコップや雪ホーキなどの道具を持って、いざ雪かき開始です。でも、一面雪が積もっているとどこから始めたらいいのかわからないですよね。

実は雪かきを上手に進めるにも、コツがあるのです。

まずは足場を作ってから少しずつ
雪は踏み固められると硬くなってよけにくいばかりか、余計に滑りやすくなります。玄関を開けたら、一歩を踏み出す前にまず足元を軽くよけましょう。雪の無い足場を作ったら、ジワジワと足場を広げるように雪かきを進めると、雪かきの負担が少なくなります。

雪をまとめる場所を決める
足場を作るときはとりあえず脇に雪をよけておけばいいのですが、そのままでは溶けた時に玄関周りがぐちゃぐちゃになってしまいます。玄関からある程度離れた場所に雪をひとまとめにしておきましょう。できれば日が当たり、雪が溶けやすい所がいいのですが、無ければ人が通らない場所にまとめて置き、日中こまめにスコップで崩していくと溶けやすいです。

雪かきは全身で
軽い雪なら雪ホーキでさっさと掃けばいいのですが、しっかり積もってしまった場合はスコップを使った雪かきが必要です。この時、たとえ柄の長いスコップでも腕の力だけでやろうとすると足腰を傷める原因になります。

スコップの持ち手は利き手で持ち、反対の手はスコップ付近を持つようにして雪の重みを分散し、雪をすくうときはしっかり膝を使って重心を下げます。
前かがみになると腰に負担がかかるので、背筋は極力伸ばしたままで十分に膝を使って雪かきをします。

体調管理はしっかりと
雪かきは重労働ですし、寒さの中で作業を行うので体調管理には充分注意が必要です。外に出るときは、寒くないようにしっかり着込む、暑くなってきたら脱ぐといった体温調節に、脱水症状を起こさないようにこまめに水分摂取も必要です。

また、疲れを感じたら「あと少し」と無理をせずに作業を中断して休む事も大切です。

溶けた雪の通り道を作る
雪をまとめる事が出来たら、次は溶けた時の準備です。ここが抜けると、雪が溶けた時に玄関周りが大きな水たまりになって、夜のうちに凍り付くかもしれません。

玄関周りまで雪をよけたら、近くに排水溝はありますか?雪山から排水溝までの間に障害物があればそれを取り除き、出来れば雪が溶けたら排水溝に流れ出るように雪で道を作っておきましょう。こうすることで、溶けた雪が水たまりを作ることが無くなります。

ただし、排水溝に直接雪を捨てることは止めましょう。雪はかたまりにすると溶けにくくなり、排水溝の水の流れを邪魔します。

上流から流れた水が、捨てた雪でせき止められて溢れてしまう事もありますので、『雪が溶けたら排水溝に』流しましょう。

お湯で溶かすのはNG
雪の降らない東京でやってしまいがちなのが、降った雪にお湯をかけて溶かす行為です。

雪は冷たいので、お湯をかけてもすぐに冷えてしまい、完全に溶かすには大量のお湯を流し続ける必要があります。家庭用のヤカンや鍋に沸かした程度では、せいぜいシャーベット状の雪を作るぐらいです。また、熱いお湯をまくことで、いったん溶けて広がった雪が滑らかな表面を保ったまま凍り、スケートリンクのようになることがあります。

スケートリンクのようになるくらいなら、雪かきをせずに放っておいた方がいいくらいですので、お湯をかけて雪を解かす行為は絶対にやめましょう。

 

■まとめ

いかがだったでしょうか。
雪の降らない東京とはいえ、いつ大雪がやって来るかはわかりません。備えあれば憂いなし。

雪かきの簡単なコツを覚えて、大雪が降っても慌てずに対処できるようにしておきましょう。